【コミュニティ・インタビュー】 ハースストーン世界選手権ベスト4、Kno選手

Kno Interview 2.jpg

今年11月7~8日に行われたハースストーン世界選手権の決勝トーナメント。ランク戦や大会でポイントを獲得し、その上で約3回に及ぶ予選を勝ち抜かなければ出場できない。全世界4000万人のハースストーンプレイヤーの中で、出場できる選手はたったの8名だ。

そんな舞台で戦っていたのが日本のKno選手である。

9月の日本予選を大逆転で制したKno選手は10月に台湾で開かれたアジア太平洋予選を2位で通過。同月末にはアメリカへと渡り、Jab選手に2連勝して決勝トーナメントへと駒を進める。その第1回戦では何より、中国のDieMeng選手に体力3と追い詰められた状態から逆転勝利したのが印象深い。

Game%20(3).jpg
DieMeng選手に逆転勝利した1戦

準決勝ではカナダのHotform選手に惜しくも2-3で敗れてしまったものの、一連のKno選手の戦いぶりは国内ハースストーンプレイヤーを大いに盛り上げたことだろう。

今回、Kno選手に世界選手権と今月13日に開放された新アドベンチャー「リーグ・オブ・エクスプローラー」の新カードの感想、及び上達の方法について訊くことができたので、以下にその内容を掲載する。


―遅ればせながら、ハースストーン世界選手権ベスト4おめでとうございます。この結果によって自分や周囲に変化はありましたか?

Kno: ありがとうございます。自分には特にないのですが、周囲の注目度は上がったかな……と思います。Twitterのフォロワーが増えたり、突発で配信したにもかかわらずたくさんの人が観にきてくれたり。

―世界選手権の中で印象に残っている試合は?

Kno: ミスをした、という意味では「自分のミッドレンジパラディン対Thijs選手のフリーズメイジ」の試合ですね。試合中は見つけられなかったんですが、勝ち筋があったことを後で友だちから聞かされました。なるほど、という感じです。

Game%20(2).jpg
本戦グループステージにおけるThijs選手との1戦

―試合といえば、Kno選手がダメージやマナコストの計算中に「画面を指差して確認」しているのが印象的でした。あれは普段からやっていることなのですか?

Kno: やってないです(笑)。大会はとにかく緊張するので、何かやったほうが集中力が上がるかなと……。その一環でカイロをいじったりもしてましたね。もともと舞台で注目されるのは苦手なんです。

開催地のアメリカに行くのも初めてと訊きましたが、その印象は?

Kno: 「大きい」という印象でしたね。人も食事も設備も、何もかも大きい。道も広い。あとこれは私が行った場所のせいだと思うんですが、街に何もない。コンビニの1つや2つはあると思ったんですが……。ほかにもチップを渡す習慣があったり、アジア太平洋予選の台湾に比べると文化の違いを感じましたね。

現地では「ゴーカート」というアトラクションもやっていたようですね。

Kno: あれは、ほかの選手と一緒にいたら呼ばれたのでついていっただけですね。楽しかったですし、自分でも運転してみましたが……曲がり方がよくわからなかったので、壁に激突して、終わりました。

英語でのコミュニケーションは難しくありませんでしたか?

Kno: うーん、大変といえば大変でした。有名人とたくさん交流した、なんてことはなかったですね。基本的にはKranichやPinpinghoなど、アジア太平洋予選の選手と一緒にいることが多かったです。

開催地である「BlizzConイベント会場の感想は?

Kno: 広い(笑)。アジア太平洋予選に比べると10倍ぐらいの人が来ていましたね。いや、10倍どころじゃないかもしれない。私は試合前日に会場を軽く回っただけなんですが、各ステージの装飾が凝っているほか、ハースストーンにも登場するイリダン・ストームレイジの像などが置いてあって面白かったです。

BlizzCon%20(3).jpg
BlizzCon%20(5).jpg
ハースストーンの選手席と観客たち

―優勝賞金1万5000ドル(約184万円)の使い道は?

Kno: 特に決めていません。ハースストーンの友だちには「優勝したら賞金で焼肉に行こう」と言われましたが、「優勝したら」という話だったので別にいいかなと(笑)。

今後の方針はいかがでしょうか? 海外のチームに誘われることもあったと思いますが、プロゲーマーを目指す、なんてことは?

Kno: これから大学卒業が控えているので、それが終わるまではなんとも言えないですね。ハースストーンのプレイは続けると思いますが、割ける時間は減るかもしれません。一部声をかけてくれたチームもありましたが、本当に一部だけですね。母は「プロになりたかったらなってもいいよ」と言ってくれてますが……。今はなんとも言えません。

BlizzCon%20(1).jpg
BlizzConのハースストーンステージ

BlizzCon%20(6).jpg
準決勝を戦うカナダのHotform選手、司会者のSeltzer氏、Kno選手(左から)

「まずは学業に専念」ということですね。それではリーグ・オブ・エクスプローラーの話に移りましょう。新アドベンチャーの感触は?

Kno: 第1区画第3ステージの「脱出」はBlizzConでプレイしましたが、とにかく新鮮でしたね。今回のカードには「明らかに強い!」というカードはないものの、デッキ構築の幅を広げるカードが多いと思います。

レノ・ジャクソンについては? 「残りデッキにある同名カードが2枚でなければ、体力を完全に回復する」という強烈な効果で話題になっています。

Kno: 強いというより、「相手にするのが面倒」ですね。このカードの存在自体が厄介です。たとえば一時的に盤面で有利になったとしても、全回復を警戒すると「相手の本体を攻撃するのではなく、盤面のミニオンを処理」しないといけなくなります。こっちの盤面を犠牲にして相手の体力を削っているわけですから、そこに全回復が飛んできたら終わります。

全回復の存在がなければ「とりあえず本体を攻撃し、ダメージを与えるカードを引くのを待つ」というプレイで問題ないんですけどね。

Cards%20(4).png

レノ・ジャクソンを入れたデッキ自体は強いと思いますか?

Kno: 使う人はいるかな、と思いますが、個人的にはレノ・ジャクソン1枚のためだけにデッキのカード枚数を変えたくはないですね。

あと、レノ・ジャクソンデッキはブームが過ぎてみんながドルイドを使うようになったら多分消えます(笑)。同名カードを2枚入れられない(=強力なカードの枚数が減る)せいで盤面の取り合いで不利になりますし、盤面を取られていたら体力がいくらあっても「自然の援軍野蛮の咆哮のコンボ(*)」で倒されてしまうので。

*突撃持ちの2/2のトレントを3体呼び出す自然の援軍と、ヒーローを含む全体に攻撃力+2を与える野蛮の咆哮で計14ダメージを与えるコンボ。盤面に他のミニオンがいればダメージは更に増す。今年の世界選手権でも猛威を振るった。

Cards%20(7).pngCards%20(9).png

「雄叫びを2回発動させる」ブラン・ブロンズビアードについては?

Kno: 使っていて楽しいですし、夢がありますけど……夢しかない(笑)。これもレノ・ジャクソンと同じく「レジェンドなのでデッキに1枚しか入れられない」のが問題ですね。テーマデッキを組んでも起爆剤となるカードがデッキに1枚しかないのでは安定しません。雄叫びとのシナジーを持つシャーマンの新ミニオン「轟きのエレメンタル」と組み合わせたりすれば別でしょうが……。環境トップクラスのデッキにはならないかな、と思います。

Cards%20(1).pngCards%20(5).png

逆に、環境トップクラスになるデッキにはどんな特徴があるのでしょうか。

Kno: 「シナジー(カード間の相互作用)が多いこと」もしくは「単体で強いカードが多い」ことが特徴ですね。たとえばテンポメイジは魔法使いの弟子フレイムウェイカーといったスペルシナジーが多く、ミッドレンジパラディンはシールド・ミニロボ兵役召集など単体で強いカードが多くなっています。

Knoデッキリスト.jpg
Kno選手のデッキリスト

Kno選手がアジア太平洋予選やBlizzConで使っていたデッキですね。

Kno: はい。もともと強いデッキなのでリーグ・オブ・エクスプローラー解放後も問題なく使えます。パラディンだけ新カード開放に合わせてマーロック騎士を1枚、ウルダマンの番人に変えました。

Cards%20(8).pngCards%20(2).png

ほかに注目しているカードは?

Kno: ローグの新ミニオン「墓荒らし」ですね。断末魔でコインを手札に加える効果が強く、後半にマナ加速として使えます。これを機に長期戦型のローグが登場するかもしれませんね。また自分の全カードのコストが5になる「ナーガの海の魔女」も、ドルイドのデッキに入るかもしれません。

Cards%20(6).pngCards%20(3).png

今後のリーグ・オブ・エクスプローラーの展開が楽しみですね。ところで日本語版の開放と同時に新規プレイヤーもかなり増えましたが、ハースストーンで強くなるには何をすればいいと思いますか?

Kno: 数をこなすこと、強い人の配信を観ること、でしょうか。私はよくTwitchのハースストーンカテゴリで気になったプレイヤーの配信を観ています。最初は強いデッキをコピーして使うのがいいでしょうね。「強いとされている理由」がよくわかるようになりますし、強い分勝てるのでゲームが楽しくなります(笑)。

本日はどうもありがとうございました。


Kno選手のTwitter及びTwitchの配信は以下で確認できる。

関連リンク

  • Kno選手のTwitter:@Kno__ut
  • Kno選手のTwich配信チャンネル:KnoHS

Kno選手の世界選手権本戦の全試合リンク

グループステージ:Jab vs Kno

グループステージ:Kno vs Thijs

グループステージ:Jab vs Kno(再戦)

決勝トーナメント第1回戦:DieMeng vs Kno

準決勝:Hotform vs Kno

関連インタビュー(ゲームメディア「Game*Sparkの記事)

コメントのロード中…

コメントのロード中にエラーが発生しました。