炉辺談話: 大魔境ウンゴロのアート

炉辺談話: 大魔境ウンゴロのアート

「大魔境ウンゴロ」の開発の初期段階において、ハースストーンのアートチームは少々時間をかけ、アゼロスの原始的な地域を探検する光景がどんな風であるかの初期スケッチを作成しました。今回は、「大魔境ウンゴロ」が形になっていく過程で必要となったビジュアル的なチャレンジについて、ハースストーンのコンセプトアーティストである、Jerry Mascho、Jomaro Kindred、Charlene Le Scanffに話してもらいます。


008_HS_Body_LW_500x375.png



001_HS_Body_LW_500x375.png



002_HS_Body_LW_500x375.png

003_HS_Body_LW_500x375.png

*Time-Lost Proto-Drake: Word of Warcraftに登場する騎乗可能なドレイク。入手が非常に難しい

 

006_HS_Body_LW_500x375.png


 

007_HS_Body_LW_500x375.png



005_HS_Body_LW_500x375.png


 

009_HS_Body_LW_500x375.png


 

004_HS_Body_LW_500x375.png


 

012_HS_Body_LW_500x375.png


NEUTRAL__UNG_088_enUS_TortollanPrimalist.png PALADIN__UNG_952_enUS_SpikeridgedSteed.png


 

011_HS_Body_LW_500x375.png


WARRIOR__UNG_926_enUS_CorneredSentry.png

010_HS_Body_LW_500x375.png


 

以上、「大魔境ウンゴロ」の初期コンセプトワークのご紹介でした! 私たちが新しい拡張版の開発を楽しんだように、今回の舞台裏の記事をお楽しみいただけたら幸いです。ジャングルでお会いしましょう!

 

コメントのロード中…

コメントのロード中にエラーが発生しました。