2020年のハースストーン・マスターズ

2020年のハースストーン・マスターズ

2019年はラスベガス、ソウル、ブカレストの3ヶ所でマスターズツアーの大会が開催されて大いに盛り上がったな。この3つの大会への出場を目指して、マスターズ予選には数千人ものプレイヤーが参加してくれた。さらに嬉しいことに、今年はさらなるマスターズツアーの大会が開催される。正確には…6つの大会が開催されるんだ!

その通り!2020年にはマスターズツアーの大会数が倍になり、それぞれの大会で25万ドル(USD)の基本賞金総額が保証されるぞ!しかも昨年と同様に、クラウドファンディングによってマスターズツアーの賞金総額は今よりも増えるからな。昨年のマスターズツアー大会では世界トップクラスの選手と新人選手が相まみえ、記憶に残る名場面がいくつも生まれたぞ。無名の選手たちが躍進し、ベテランのグランドマスター相手に大金星をあげた瞬間も配信されたな。

さらに、来年のハースストーン・マスターズツアーの大会ではESL/DreamHackが優先パートナーとなる。2020年のマスターズツアーの大会の開催場所と開催日程は、まだ一部は未定だが以下のとおりだ(日付は太平洋時間)。

グランドマスターズ&降格

2020年にもグランドマスターズの2つのシーズンが開催される。最初のシーズンは4月で2つ目のシーズンは8月だ!今回も8週間に渡って開催されるが、大会の全体的な運びに変更がある。最初の数週間については試合形式が入れ替えられ、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋の3つの地域の各16名の選手たち全員が戦って、その順位に応じたポイントを獲得するようになる。このポイントに基づいて各地域ごとに2つのディビジョンを決定する。

その後はディビジョン内で過去のグランドマスターズのシーズンと同じようにラウンドロビンの対戦が行われる。そして8週目にプレイオフが行われ、各地域から1名の選手が年末の世界選手権への出場権を獲得する。

昇格と降格に関しては、2020年のグランドマスターズ・シーズン1終了時に各地域で3名の選手が降格し、2020年の最初の3つのマスターズツアー大会からの獲得賞金上位3名の選手が昇格する。

これらの変更は、ハースストーン・グランドマスターズが視聴者にとってもプロ選手にとっても、さらに楽しいものになることを願ってのことだ。今から新年が待ち遠しいな!マスターズツアーであんたに会うことを楽しみにしているぞ!


会話に加わろう!
{0}件のコメント