マスターズツアー・ロサンゼルスの大会形式がオンライン対戦のみに変更されました

マスターズツアー・ロサンゼルスの大会形式がオンライン対戦のみに変更されました

深刻化する新型コロナウイルスの状況を考慮しまして、大変急ではあるのですが、マスターズツアー・ロサンゼルスをオンライン限定の大会に変更させていただくことをお知らせいたします。インドネシアからロサンゼルスにマスターズツアーの開催地を変更した当初は、ウィルスの影響もある程度落ち着くであろうと予想しておりましたが、残念ながら状況は、より深刻となってしまっております。コミュニティの安全と健康を第一に考えることは、いついかなる時も私たちの責務であり、それはライブイベントの開催よりも優先されます。

トラベルプランは変更が難しい場合もあり、またこれは様々な負担の大きい変更であるため、私たちは予選を通過してロサンゼルスへの旅行をすでに予約していた全参加者に、払い戻し不可能な渡航費を最大$1,500補償させていただきます。3月12日(太平洋夏時間)までに、招待されている全選手に、渡航費の補償を受け取るために提出する必要がある証明書類の詳細を記載したメールを送信させていただきます。お手数をおかけしてしまい大変恐縮ですが、皆様のご理解とご協力のほどを何卒よろしくお願い申し上げます。

マスターズツアーは大会ごとに特色があり、40以上の国と地域から300名以上の予選通過選手が3日間に渡って現地でしのぎを削って戦うイベントです。招待選手のほとんどはチーム組織の支援を得ることなく、自費で大会に参戦しており、「ハースストーン」のプロになるチャンスを得るために、休暇を取ってまで大会に参加していることは私たちも承知しており、今回の判断により、皆様に多大なご迷惑をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。私たちはコミュニティを第一に考えており、マスターズツアー・ロサンゼルスをオンライン形式の大会に変更することが、選手の皆様の健康と安全を守る最善の判断だと考えており、今後もマスターズツアーに参戦する選手に安全な競技体験を提供するために最善を尽くさせていただきます。

また、今回のような不測の事態に備えて、マスターズツアー・ヨンショーピング以降の大会への出場権を獲得した選手の皆様におかれましては、変更の利くトラベルプランのご予約と、旅行保険を掛けておかれることを推奨させていただきます。拡大傾向にある新型コロナウイルスの状況を今後も注視しつつ、これからの大会に変更があった場合はその都度お知らせさせていただきます。

現時点では、マスターズツアー・ロサンゼルスは3月21日02:00(日本時間 24時間表記)からyoutube.com/HearthstoneEsportsでライブ配信され、Dan “Frodan” Chou、TJ “Azumo” Sanders、Simon “Sottle” Welch、Erik “DoA” Lonnquistが全試合の実況を務める予定となっていますので、是非大会の模様をお楽しみください。大会各日のスケジュール詳細はマスターズツアー・ロサンゼルスの大会ページ(英語ページ)をご覧ください。常日頃より皆様よりご支援を賜り、心より感謝申し上げます。また、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

Divider_2019Dragon_EK_600x100.png               


やあ、どうも!今後数週間のうちにブログのコメント欄を新しいフォーラムに引っ越すことになったんだ。向こうに移行したら、これまでのコメントはすべて見られなくなるからな。移行中もこっちのフォーラムで、一般的な話題に参加できるぞ。しばしの間迷惑をかけてすまないが、新しい環境を楽しみにしててくれ。